クリスマスには「AKIRA」を観るのが良い

 2021年12月25日

「AKIRA」がYouTubeで無料公開中

来週の火曜日(28日)までですね。

画質も1080pです。

高画質で,ミヤコ様が「お助けー」と滑り落ちるシーンも必見。

ただ,「大友克洋全集」を買うだろう人は,「AKIRA」のDVD・BDをもっていると思いますので,いつでも視聴できると思います。

芸能山城組

「AKIRA」といえば,芸能山城組。

もし,「AKIRA」のBGMが芸能山城組でなかったら,全く違う作品になっていたでしょうね。

序盤のイントロから,鉄雄の脳波パターンのときの音楽まで,すべてが芸能山城組とマッチしている。

漫画版 != 映画版

原作の漫画版も読みました。

3巻までを映画化したように昔聞いたのですが,それまででも,まったく話が違うように思います。

全部を読んだ感想の一部は次のとおり。

・○○が途中出場で役回りが全然違う

・ミヤコ様がすごい(映画版と違いすぎる)

・大佐もかっこいい(結局,名前は何なんだ)

・SOLが強すぎる(なぜ,あんな超兵器を日本だけが保有しているのか)

そして,

・○○が生きている

これが一番衝撃。

ただ,「漫画版」「映画版」どちらが良いかなんてことはないですね。

両方とも良い,が結論です。

最終的なゴール地点は,両方とも同じかもしれません。

漫画版はなかなか入手できないので,私はメルカリで購入しました。

しかし,なかなかに高値がついているので,今後収録されるだろう「大友克洋全集」を待つのがよいでしょうね。

Twitterのトラさんがすごい

ここ数年のAKIRA熱を上げているのは,この人のTwitterでの活躍もあるでしょう。

映画版,漫画版をもとにネタの精度が高い。

芸能山城組の使い方もうまい。

個人的には一番これが好きですね。

実際,やってみたい。


投稿に関連する記事抜粋

投稿記事のカテゴリやタグと同じ記事をランダム表示します。