平沢進(P-MODEL)『Another Day』

 2021年12月15日

平沢進を最初に聴くなら何が良い?

と聞かれた場合,その人が普通のJ-POP好き,という場合なら,

その回答の例の1つとして,

「Another Day」(P-MODELを勧めておくのが良い,と思う。

なぜなら,

曲の展開が,大変分かりやすい

Aメロ(晴れた空)—Bメロ(いつもの所で)

—Aメロ(かれた声)—Bメロ(いつもの夢の)

サビ(Day Another Day)—ナレーション(後ろはAメロ)

—(転調)Aメロ(晴れた空)—Bメロ(いつもの所で)

—Aメロ(かれた声)—Bメロ(いつもの夢の)

サビ(Day Another Day)

旋律もしゃれている

超単純な旋律に聞こえるけれど,

「晴れた空」「ちょっと待ってね」など,

「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」ではない。

「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ♯」と最後,さりげなく半音上がる。おしゃれ。

そして,音色

シンセがかっこいい。

しかし,曲全体にわたってシンセを多用しているわけでなく,

高音部のシンセが主に使われているのは冒頭・サビ・終盤のみ(おそらく)。

そのシンセの重なりがとても良い。

最大の特徴は中盤の語り

中盤に,平沢進独特の歌詞(語り)があり,PVも良い。

(PVでの語りの場面は素晴らしい。)

色々調べたところ,このPV以後,

平沢進は自分でCGを駆使し,PVを作るようになるらしいが,

このPVも大変素晴らしい。見ていて楽しい。

突弦変異

なお,「Another Day」は「突弦変異」でセルフカバーしているので,そちらも注目。

(最近のライブで歌われる場合は,もっぱらこっち)

音色だけでなく,中盤の語りも変化(アップデート)されているのが特徴。

個人的には,オリジナル(ANOTHER GAME)の語りの方が好き。


投稿に関連する記事抜粋

投稿記事のカテゴリやタグと同じ記事をランダム表示します。