2020年

Wordpressにてブログをローカル(XAMPP)に開設。
そのテスト投稿。

MacBookProにXAMPPを入れて、ホームページの開発中。
Wordpressや、データベースの設定はうまくいったものの、途中でエラー。

Error: 返答が正しい JSON レスポンスではありません。

どうやら、パーマリンク設定を修正してあげると良いらしいが、そこでもエラー。.htaccessが更新できないとのこと。

結果、.htaccessのパーミッションを「644」に修正することで解決。

複数の記事を同日にアップロードしたときに、
しっかりと区分けされるかをテスト。

ループ中に

get_previous_post()

を判定することで、区分けが可能。

wordpress で日付を取得するには、the_date()関数と、the_time()関数の2つがあるらしい。これらはデフォルトでechoされてしまうので、それを避ける場合には、引数にfalseをもたせて出力されないようにするか、get_the_time()関数で値だけを取得するとよい。

日付順に並んだは良いが、オーダー的には、日付の降順、その中で、日時の昇順になると良いのだけれど、めんどくさそうだからパス。

クエリの配列をいじれば、簡単に取得できるのかな。

ログのアーカイブページをつくる。

これは、投稿したデータを流していけば良いので、簡単だろう。多分。

ログイン中のみ編集リンクを出力したい。

ログインの判定は

is_user_logged_in()

記事の編集リンクは、

get_edit_post_link()

これを組み合わせて出力する。

WordpressでGETパラメータを使うのは少し手間がかかるようです。

まず、あらかじめ予約された語は使用できない。

また、使用したいキーを登録しなければならない。

【参考WEBページ】
【WordPress】GETパラメータを使う方法

ついでに、PHPのバージョンが7になったため、引数を渡すときにも多少注意が必要。

【参考WEBページ】
Warning: Use of undefined constant XXXXX – assumed ‘XXXXX’ (this will throw an Error in a future version of PHP) in ~というエラーが出た場合の対処方法

Wordpressで現在のURLを取得するには、

get_the_permalink()

を使うが、GETパラメータなどは取得してくれなかった。

そこで、直打ちになるが、

$_SERVER["HTTP_HOST"]. $_SERVER["REQUEST_URI"]

などとしてやると、うまく取得してくれる。

Wordpressの固定ページで内容を表示するために

the_content()

を用いる。しかし、エラーが表示され内容が出力されない。

どうやら、the_content() はループ内でしか機能しないようだ。

固定ページでも、ループを設ける必要がある。

【参考WEBページ】
WordPressの固定ページの中身が表示されない!

WordPressをローカルのXAMPP環境から、ロリポップのレンタルサーバー上に移行した。

① WordPressフォルダをサーバーにアップロード
② MySQL(MariaDB)のデータをエクスポート&インポート

しかし、これだけでは動かない。
Search Replace DB」を使って、データベース内に書かれたローカル環境でのURL(http://localhost/~~/)を新URL(http://~~~/)に置換する。

【参考WEBサイト】
【WordPress】DBの置換には「Search Replace DB」を使おう

また、「.htaccess」を編集する(パーミッションも注意)。
RewriteBaseを修正する。


RewriteEngine On
RewriteBase /wp/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wp/index.php [L]

これは、ドメイン直下にて運用する場合の「.htaccess」の例。
サブディレクトリ「/wp/」を削除する。


RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

とりえあず、これらによって、現在動作を確認。
以後、エラーなどあり次第修正していきます。

WordPressとBootstrapのレスポンシブルについて。

Wordpressでは、外部リンクを記事内に引用すると、相手サイトがWordpressの場合、綺麗に整形してくれる。

ただ、この埋め込み機能、うまいことBootstrapのレスポンシブル・デザインとマッチしてくれない。携帯でページを見た際には、.containerクラスのdivから綺麗にはみ出してしまう。

CSSを修正すれば解決するのだろうけれど、それもなんとなく面倒くさい。
また、埋め込まれたページを読み込むこと自体が、このページの読み込み時間を遅くする影響もあるので、できれば使わない方が良いのでしょう。