「まほよ」映画化!

2021年12月28日

ここのところ Twitter からのネタばかりですね。

こやまひろかず

左がサントラ,右がPC版箱。

なんと,映画化されるとは!

PC版をプレイしたのは,発売直後だったので,もう10年近く前ですが。

確か,PC版も発売日に,サントラも発売日に買いに行きました。

内容は「続編出すぞー!」的なエピローグだったので,いつ出るのか期待をしていたのだけれど,続編が出る前に,アニメーション化されてしまいましたね。

TYPE-MOONの「続編出すよ!」アピールは,ほかの作品でもやっているので,形だけかもしれませんが。

最初,「TYPE-MOON作品のキャラデザは武内崇だろー」と思っていたので,キャラデザが「こやまひろかず」だったことにかなり違和感がありましたが,やってみたらそんなことはない。

ジャストフィットでしたね。良かったです。

公式ウェブサイト

映画の公式ウェブサイトも作られていますね。

PC版のときは「Flash」でしたが,こちらは,ちゃんとHTML5で作っている(当たり前だけど)。

今は,プロモーション動画だけですが,何か増やしていくのでしょう。

(ゲーム版の紹介内容をそのまま移植すればすむのかしら。)

音楽は,PC版ママですね。

ということは,主題歌もsupercell(「星が瞬くこんな夜に」)のままでしょうか。

PC版のCMもリアルタイムで見ましたが,ヴィヴァルディの四季「冬」を使ってましたね。

しかし,「冬」はゲーム中では一切使われていなかったと思う。

使われたクラシックはいくつかありましたが,印象に残っているのはチャイコフスキーのロミオとジュリエット。

ほかには,リストの愛の夢第3番と,あと,もう一曲あった気がする(どうだったかな)。

映像化はしやすかろう

ゲーム内容は,選択肢で分岐したりすることなく,ひたすらクリックを繰り返す「ビジュアル・ノベル」なので,アニメーションの脚本に余計な伏線回収とか入れる必要もなく,そのまんま映画化できそうですね。

最初,「分岐がない」というのをきいたときに,「ゲームとして,それはどうなのか」と思ったのですが,まあ,面白かったです。

「月姫リメイク」の解説本読んでいる限り,「まほよ」の開発環境を改良したものが「月姫リメイク」にも使われているようでしたね。

ボリュームはなかなかのモノだったので,「1本」にまとめるのは難しいでしょう。

前編・後編かな。

主人公の居住地が変わるあたりで後編,みたいな感じでしょうか。

もう発売されて10年のゲームなので,内容にどこまで触れて良いのかしら。

これから劇場版になるのだから,触れたら「ネタバレ」になるのかしら。

それをいったら「Fate」シリーズも同じでしょうけれど。

とりあえず,いつ映画公開されるのか。再来年ぐらいかしら。


 直近の記事一覧

 迷惑メールの送信元 (24年6月14日)
 MacBookAir所感 (24年4月29日)
 $1499は高い (24年4月28日)
 「サービス維持調整費」 (24年4月23日)

 カテゴリ一覧

 雑談(174)
アニメ(19)/ゲーム(12)/ドラマ(3)/パソコン(37)/小説(3)/広島東洋カープ(16)/映画(11)/漫画(33)/音楽(61)
 製作記(89)
AI(5)/CakePHP(3)/CentOS(4)/JavaScript(JS)(9)/Nuxt.js(4)/Vue.js(18)/WordPress(23)/料理(10)