「篤二,廃嫡される」

2021年12月20日

「今週の栄一」より

*「今週の栄一」は,ドラマ1話を要約しまくってますね。

「青天を衝け」40話

「麒麟がくる」に押されたため,出だしが遅れ,

夏場はオリンピックがありましたが,40話にのりましたね。

栄一の回想シーンは,

「ああ,こんな場面あったなー」とか,

堤真一(平岡円四郎)に関わる場面が素敵ですね。

今話で,草彅剛(徳川慶喜)や,高良健吾(渋沢喜作)も退場しました。

来週話でやるだろう,関東大震災の話や,ラジオで募金を呼びかける話は,

「映像の世紀プレミアム」でやっていましたね。あれはよかった。

「映像の世紀プレミアム (19)「東京 破壊と創造の150年」」

バランス

個人的には,「青春編」12話をもっと省いて,

明治政府以後に当てれば良かったのではと思うけれど,

渋沢栄一の「ベース」をしっかりと描いておかねばならぬという思いがあったのかしら。

メイク

あと,吉沢亮(渋沢栄一)のメイクがところどころ気になります。

先週も,田辺誠一(尾高惇忠
)がめちゃくちゃ老け込んでいるのに対し,

渋沢栄一はめっちゃ若いまま。

「渋沢栄一を老けさせない」というポリシーがあったのかな,と感じます。

来週の予告を見ると,めちゃくちゃ老け込んでいたので,

そこで大胆にメイクを変えるのでしょうが。

「まわりがどんどん老けていく」のに「渋沢栄一だけ若いママ」

というのは若干不自然さを感じています。

今話のラストシーン辺りでは大正二年に入っていたので,1913年。

渋沢栄一は1840年生まれらしいので,計算すると73歳。

「髪の黒染めをしている」のだろうけれど,

あまりにも元気すぎないか,という感じもします。

と,色々書きましたが,まったく面白いので,最終話も期待しています。


投稿に関連する記事抜粋

投稿記事のカテゴリやタグと同じ記事をランダム表示します。

 カテゴリ一覧

 雑談(171)
アニメ(19)/ゲーム(12)/ドラマ(3)/パソコン(36)/小説(3)/広島東洋カープ(16)/映画(11)/漫画(33)/音楽(61)
 製作記(89)
AI(4)/CakePHP(3)/CentOS(4)/JavaScript(JS)(9)/Nuxt.js(4)/Vue.js(18)/WordPress(23)/料理(10)