平沢進(P-MODEL)『Lab=01』

2021年12月18日

「Another Day」に続いての,平沢進の曲紹介。

今回はアルバム「P-MODEL」より「Lab=01」

アルバム『P-MODEL』に入ってます。

今,Amazonで調べたところ,めちゃくちゃ安く売られてますね(上写真)。

*中古品の方が価格が高いとはどういうことだろう(送料込みなのかな?)。

名作多い,「P-MODEL」は92年発売なので,解凍期のアルバムになるのか。

ステレオ

冒頭のシャウトから始まり,

曲名の「01」通り,左チャンネルと右チャンネルを,それぞれ,

・別の旋律

・別のボーカル(平沢進,ことぶき光)

が担っています。

・Bメロ(「磁力の父はゆーつか?ゆーつか?〜」)

・サビ(「コイル男は〜」)

は,平沢進ですね。

(もしくは,分かりにくいけれど,二人で歌ってる?)

右チャンネルから平沢作詞、歌のLAB=1、左チャンネルからことぶき作詞、歌のLAB=0が同時に流れる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/P-MODEL_(アルバム)

歌詞は,「飛んでます」。

ジョイサウンドより

https://www.joysound.com/web/search/song/126047

左チャンネル・右チャンネルを別にした曲など,

ビートルズもやってるぐらい特別なことではないですが,

聞いていて楽しいです。

太陽系亞種音にはライブ版もあり

「太陽系亞種音」に収録されているアルバム「PAUSE」には,

ライブ盤の「LAB=01」が入っています。

出囃子あり,ただこちらはスタジオ録音ではないので,

「右チャンネル」「左チャンネル」が「はっきり」とは分かれていません。

(分けて録音はされているようですが。)

歌詞通りシンセまみれ

「コイル男」と歌詞にありますが,

(それと関連しているのかは分からないけれど)

全部に渡って,アコースティックさはないです。

ドラムスは置いておいて,ずっと電子音(シンセ)。

それが聞いていて気持ちいいですが,

好みがめちゃくちゃ分かれる曲になるでしょう。

「2D OR NOT 2D」といい,このアルバム(「P-MODEL」)で用いられているシンセ音はどれも素晴らしい。

90年初期の楽曲と思えない先取りですね。

「この音色,どうやって出しているんだろう」

なんてところも,いくつか。


投稿に関連する記事抜粋

投稿記事のカテゴリやタグと同じ記事をランダム表示します。

 直近の記事一覧

 迷惑メールの送信元 (24年6月14日)
 MacBookAir所感 (24年4月29日)
 $1499は高い (24年4月28日)
 「サービス維持調整費」 (24年4月23日)

 カテゴリ一覧

 雑談(174)
アニメ(19)/ゲーム(12)/ドラマ(3)/パソコン(37)/小説(3)/広島東洋カープ(16)/映画(11)/漫画(33)/音楽(61)
 製作記(89)
AI(5)/CakePHP(3)/CentOS(4)/JavaScript(JS)(9)/Nuxt.js(4)/Vue.js(18)/WordPress(23)/料理(10)