Re / oblivious(kalafina 2008)

 2022年2月14日

TSUTAYAディスカスから,長らく予約していた「Re / oblivious」(kalafina 2008)が届きました。

届いたところで,Amazonの曲紹介を見て知りました,「oblivious」のシングルは別にあるのか。

映画「空の境界」第一章~第三章の主題歌を収録したシングル「oblivious」がオリコン初登場8位を記録し、彗星の如く日本の音楽シーンに現れた、梶浦由記の新プロジェクト・Kalafina。

今回はその第一章~第三章の主題歌を全て梶浦由記自身がリミックス・リテイクし、インタールードを加えたミニアルバムとして発売。『oblivious』とはまた違ったサウンドに仕上がっています。

また、その豪華さで話題を呼んだ『oblivious』の初回仕様盤とはまた違った仕様も要注目。マニア垂涎の完全生産限定盤です。

Re/oblivious(Amazon)

ただ,オリジナルの「oblivious」含め,「君が光に変えて行く」「傷跡」は,アルバム「Seventh Heaven」に入っているのでスルーしてよかろう。

「Re / oblivious」はそれら3曲のアレンジ版。

あと,「interlude」,「finale」として,「空の境界」では使っていなかった楽曲も入っている。
(ただ,「oblivious」などの旋律を使ったり,歌詞を使ったりと,全く新しいわけではない。)

アレンジ曲については,ボーカルトラックは同じように思う,バックグラウンドだけ変えている感じ。

「oblivious」は映画のSEを入れまくって「リミックス」されているが,ただ,ちょっとやりすぎかなとも思う。

「5年語の世界」(特撮 2011)

先日借りた,「5年語の世界」(特撮)でも,「絶望少女達」の楽曲が入っていたけれど,あれらもうまく,オリジナルとは違うアレンジをしていた。

しかも,トラック名には「アレンジ」とか書いていないので,借りてから「あれ?原曲とは,なんか違うじゃん」といったのは新鮮だった。

TSUTAYAディスカスをいつ切るか

さて,TSUTAYAディスカスで借りたかった当初の音源はさらってしまったのですが,中途半端に足を突っ込んだアルバムがあるので,それらも回収したい。

*予約リストに「Disc1・2」「Disc3」と入れておいて,Disc3だけ来るパターン。

ストリーミング配信全盛期に,CDを収集しているのもどうかなーとは思うが,レコードも再評価されている時代だし,やっぱり,最初からデジタル(ストリーミング)ではない,オリジナルの音源は大事だと思うのです。

ストリーミングって,「はい,この曲の配信は今日までね。唐突でごめんね。」っていう状況が,必ずあるので。やっぱ手元に置いておきたい。

1点難しい点は,「新作」CDが全然回ってこない。

でも近所のTSUTAYAは,CDから撤退しているテンポが多く,メジャーなCDでないと置いていない。

このあたりの回転を速くしてもらえれば,もっと使えるのにな,とつくづく感じるのです。