MacでXAMPP(VM版)を用いています。

XAMPPは,
便利だったり,でも,便利じゃないところもあったり,
開発しやすかったり,でも,しにくかったりするところがあるのですが,
ローカル環境で素早く開発するためには,必要だと思っています。
(とくに,PHP関連のWEBプログラム)

Nuxt.jsみたいに,Node.jsを使って開発する場合はXAMPPは必要ないですね。
(ただ,まだNode.jsで,DBを使ったことがないので,DBと連携するときにどうするのかは分かりません。)

MacのXAMPP(VM版) での Sessionについて

さて,ローカル環境でSessionがうまく動いていないことに気付きました。

session.auto_start がデフォルトでOff

どうやら,MacのXAMPP(VM版)は,デフォルトでSessionがOffのようです。sessionの内容が引き継がれていませんでした。

そのため, /etc/php.ini で,

session.auto_start=1

と記す必要があります。

session_start を宣言する場合は,HTMLより先に宣言しなければならない

session.auto_start を設定する前は,
いちいち,session_start() を宣言していたのですが,そこで警告が出ていました。

調べたところ,HTMLを出力している最中に, session_start() を呼び出すと,ダメなようです。

<html>タグより先に <?php session_start(); ?> を書かなければなりません。知りませんでした。

参考:PHPのsession_startでWarningが出てしまう

ゴリゴリ開発する前の設定で,色々と面倒なところがありますね。
忘れて,また同じことを探すのは嫌なので,書き留めておきます。

 一覧ページへもどる