九条の大罪(4)(真鍋昌平)

 2021年12月5日

Amazonからおすすめされて,新刊に気付きました。

内容がやや少し前の時事ネタ

(1)まず,「時事ネタ」があり,

(2)それをもとに編集し,雑誌に「掲載」され

(3)連載されたものをまとめて「コミックス」化するので,

コミックス化されるころ(3)には,

時事ネタ(1)はもう,やや前の話ですね。

そういったところは,「カバチタレ!」に近いものがあるかも。

暗い!

内容はウシジマ君に引き続き,暗い。ダーク。

ウシジマ君は結構「やり過ぎ」感がありましたが,

今回の巻の内容は「マジでありそう」という雰囲気もする。

ウシジマ君とは雰囲気が近くて,内容は遠いですね。

引き続き読みます。

ただ,暗すぎて「早く次の展開が気になる!」にはならない。

どうせ,次の巻も暗いもの。