桶狭間戦記(宮下英樹)

 2022年4月5日

センゴク外伝 桶狭間戦記

すごい。何がすごいかって言うと,巻末の解説がすごい。丁寧。

「米」でやりとりがうまくいっていたときには,金貸しの利率が年利50%などでも返済可能だったことや,「徳政令」が逃散を防ぐもので,再度搾取するための手段だったって話は,なんだかウシジマ君チックです。

なので,この漫画,「桶狭間戦記」と書いてあるものの,話のほとんどが戦国時代を舞台にした金融商品のお話。

まだ2巻までしか読んでないので分からないですが,じゅうぶんに面白いです。

今川義元は「織田信長の奇襲に破れた,なんだか残念な武将」というイメージが強かったですが,色々な文献をもとに,うまく実際を書いているなって感じがします。

金をもっとるもんが強くて,さらに,金を生み出せる才能が重要なんですな―。


投稿に関連する記事抜粋

投稿記事のカテゴリやタグと同じ記事をランダム表示します。