iCloud 続きの続き

昨日の処理を行ったところ、無事、最新のデータが同期されていました。

ディスク容量にも余裕があるので、「全てのデータを保持」として、更新があれば、常にローカルにダウンロードさせる設定にしています。

今のところ、Mac側での変更がWindows側に、その逆の同様に同期されています。

これで、しばらく様子をみてみましょう!

バックアップ恐怖症 その2

BackBlazeに、引き続きローカルのファイルをアップロードし続けています。色々とサイトを見ていると、「3TBの転送に3ヶ月かかった」との情報もあります。そうすると、私の場合は、順調にいっても5ヶ月はかかる見込みでしょうか、初回アップロードが完了するのは、8月以降ですね。

初回アップロードさえこなしてしまえば、後は差分アップロードなので、どうにかなるでしょう。

しかし、「アップロード中にドライブが破損(じゅうぶんにあり得る)」したりすると、目も当てられません。

一応、ローカルでバックアップディスクを作っておくことにします。

まず、「BunBackup」というソフトウェアを試してみました。というか、使っていました。世代管理もできるということで、機能豊富なのですが、「タスクスケジューラ」が私の意図通りに動かず、いまいちフィットせずに、別のソフトを探すことに。

次に、「Backup」というソフトウェアを試してみました。何より惹かれたのは、「FFFTP」の制作者だということです。90年代〜2000年前半に、個人でWEBサイトを作っていた人なら、誰もが知っているソフトウェアではないでしょうか。

というわけで、流れは下の通りになります。

1)ローカルのファイルを外付けHDDに毎時バックアップをかける。
2)それと並行して、BackBlazeにもバックアップを進める。

1)は数日で終わるでしょうが、2)は、どうしても3ヶ月以上かかりそうですね。電気代・・・。

 一覧ページへもどる