本番環境→開発環境の移行メモです。

ローカルにあったWPファイルが,なんやらかんやらで使えなくなったので,FTPサーバー先から開発用にダウンロードしてきました。

そして,Mac の Apache で動かせるようにフォルダを配置します。
~/Site の下ですね。

さて,この先です。
本番環境のMySQLデータをエクスポート,ローカル(Mac)のMySQLにインポートさせます。

しかし,これだけでは動かないので,次の作業を行います。

1. DB接続先の修正

"wp-config.php"のDB接続情報を書き換えます。

2. パーミッションの修正

こちらのサイトを参考に修正します。

参考:「WordPressで推奨されるパーミッション設定について

ただ,今回ローカルのMac で動かすにあたって,Apache が_www グループで動いているため,ファイルやディレクトリにグループの読み取り権限を与える必要がありました。
(Permission denied とApacheのエラーログに出力される。)

なので,上の参照サイトを例に,WordPress を置いたフォルダから,ターミナルで次のコマンドを実行します。

$ find ./ -type d -exec chmod 755 {} \;
$ find ./ -type f -exec chmod 644 {} \;

3 .htaccess の修正

RewriteBase と, RewriteRule を書き換えます。

RewriteBase /ルートからのパス
RewriteRule . /ルートからのパス/index.php [L]

参考:「WordPress引越しで403 Forbiddenが起きる原因と対処法
参考:「WordPress(ワードプレス) 移行での不具合事例:トップページ以外表示されない

4. DB情報の書き換え

本番環境のドメインを持っているので,このままでは動きません。置換します。

置換のためには,「Search Replace DB」を使います。
MySQL8にも対応した最新版が出ているので,公式ホームページからダウンロードします。

参考:「【WordPress】DBの置換には「Search Replace DB」を使おう

公式ホームページ

ページの下の方に 3.xバージョンや 2.x バージョンも置いていますが,最新のもので良いでしょう。メールアドレスを入力して送信すると,ダウンロードリンクを送ってもらえます。

ダウンロードしてきたものを,WordPress のフォルダにコピーし,アクセスします。

「Search Replace」の「replace」に「本番環境」のURLを,「with」に「開発環境」のURLを入力します。

データベースへの接続情報を入力,確認した後,「Do a safe test run」を走らせます。その後,テーブル名など確認次第,「Search and Replace」を実行します。

置換は,「http,https のプロトコルを含めたURL」と,それを含めない「//」以下のURLの2回で実行しておくと良いかと思います。

また,https を http に置換する必要もあるかもしれません。

本番環境なら,「Search Replace DB」は「Delete me」で消した方が良いですね。
開発環境でも,動作を確認して必要なくなったら,「Delete me」で消しておきましょう。


以上になります。

本番環境をhttps で動かしていて,開発環境がhttpでしかアクセスできない場合,意図しないリダイレクトが生じるかもしれません。
その場合,別のブラウザで開いたりするとうまくアクセスできると思います。

 一覧ページへもどる