Xit Mobile が落ちる(Win10)

2022年2月7日

PCでTVを視聴する方法のひとつとして,Xit Stickが用いられます。

私が使っているものは,すでに生産終了で,「XIT-STK110」が後継機種らしいです。

このUSBメモリみたいなものに,ワンセグ用のアンテナと,F線をつなぐ穴がついてます。

F線をつなげばフルセグで視聴できます。

録画はできますが,「予約録画」はできません。おまけみたいなもんです。

さて,このXit StickはXit Mobileというソフトで視聴するのですが,最近のWindows Updateの影響か,起動しなくなりました。

互換モードを変更する

Web上になにか手がかりがないかと思ったのですが,生産終了しているためか,Xit Mobileも20年の更新を最後にアップデートされていないようです。

.NET Frameworkを見直したり,Xit Mobileの再インストールやドライバの更新を試みたりしたのですが,どうにもうまくいきませんでした。

そこで,Xit Mobileの起動の設定で「Windows8」の「互換モード」で起動するようにしました。

あと,ついでに「管理者権限(管理者としてこのプログラムを実行)」も入れています。

これで,また動くようになりました。

なぜTVを買わないのか

いまなら,こんな面倒な手法でTV視聴しなくても,TVそのものをかったり,BDレコーダーを買ってモニタにHDMI接続すればいいじゃん,と思います。

ただ,このXit Stickを買ったときには,「外付けモニタ」がなく,そして,iMacが机を占有していたためTVを置くスペースもなく,やむなしにXit Stickを買ったように覚えています。

しかし,Xit StickをiMac(2012)にさして使ってみたところ「コマ落ちが激しくて普通の映像が観られない」という問題がありました。

購入したビックカメラに,「使い物にならないから返品したい」といったのですが,「無理」と断られたのも覚えています。

そのiMacも「急に電源が入らなくなる」ということで動かなくなったため,空いたスペースに,Windowsマシンと外付けモニタを置いてXitStickをさしたところ,普通に見られるようになりました。

今思うと,このタイミングでTVを買っても良かったかもしれません。
(それか,BDレコーダー)

PCでもTVを見ることができますが,ちゃんと見ようと思ったら,普通にチューナーを内蔵したTVを買うのが一番ですね。TV買いましょう。


 直近の記事一覧

 MacBookAir所感 (24年4月29日)
 $1499は高い (24年4月28日)
 「サービス維持調整費」 (24年4月23日)

 カテゴリ一覧

 雑談(174)
アニメ(19)/ゲーム(12)/ドラマ(3)/パソコン(37)/小説(3)/広島東洋カープ(16)/映画(11)/漫画(33)/音楽(61)
 製作記(89)
AI(4)/CakePHP(3)/CentOS(4)/JavaScript(JS)(9)/Nuxt.js(4)/Vue.js(18)/WordPress(23)/料理(10)